Welcome!

3社目までなら消費者金融申し込みはOK

3月 29th, 2014

消費者金融の申し込み3社目まではぎりぎりセーフとなるかもしれません。なぜ消費者金融が複数申し込みができないのか、消費者金融はたくさん申し込む人は返済できない兆しがあるものと判断するからなのです。

申し込み者側にしてみれば、特に深い意味はなく少しでも金利が低ければいい、ちょっとでも限度額が自分の希望に近いところだといい、ということを考えて複数申し込んだ場合でも、消費者金融は「お金に困っているのだ。」と判断することになるのです。

これは、消費者金融などの貸付は担保や保証人をとることができません。そのため疑わしきは…ではありませんが、少しでも返済できなくなる可能性がありそうな人は最初にはじいてしまうのです。消費者金融が最も恐れているのは貸し倒れですから、それが起こらないよう予防線を徹底的にはっているわけです。

この目安が3社までと決めている消費者金融は多く、もしも4社以上申し込んでいる人がいたら、他の申し込み条件がいくらそろっていても審査を否決としてしまうところがほとんどです。これがいわゆる申し込みブラックという状態なのです。

一旦このようにたくさん借り入れを申し込み過ぎてしまった場合は、半年はあけてから再申し込みしましょう。信用情報機関の申し込みの記録が、半年ぐらいで消去されるからです。以前は1か月程度で記録が消去されることもあったようですが、現在はこの期間は少なくとも待ったほうがよいのです。

参考:今すぐお金を借りたい!即日融資でスピードキャッシング

証書借入での借り方

5月 21st, 2013

証書借入とは、借用証書を発行する借入方法のことを言います。借用証書には、返済条件や借り入れ額、さらに利率といった借り入れに関する条件を記載します。借り手が発行することになります。確実にお金を借りるためにも必要です。

主に証書借入は、企業の長期の運転資金の調達のために利用されることになります。他に地方公共団体が借入するときにも証書借入をすることになります。金融機関の貸付の大半は、証書借入に分類されます。企業などが銀行から借入する方法としては大変一般的ですが、一般的に個人が借入する場合にはなじみがないものでしょう。

手形借入と似ているように思いますが、短期借入の場合は手形借入、長期借入の場合は証書借入となることが一般的です。証書に分割して弁済していく方法や時期、そしてその金額、利率といったものやそれらをもしも変更する場合の方法などもきちんと記載することで長期の返済に対応すると考えられています。しかし、まれに手形と証書を併用した証書併用手形借入方式を利用する場合もあります。

証書借入の返済は、元利均等あるいは元金均等で毎月返済していくという返済方式が一般的となっています。また、証書借入は、手形借入のように印紙税の負担がないということも特徴的です。

ほかにも銀行からの借り入れとしては、当座借越や手形割引などもあります。いずれの方法にもそれぞれメリットはありますが、現在の企業の状態や借入の目的などに応じてベストの方法を利用することがポイントになります。